EH200形直流電気機関車(高崎機関区)

中央本線・篠ノ井線などの勾配線区で使用されてきた EF64形基本番台の取替え

およびEF64形重連運転解消を目的として開発されました

粘着性能と牽引力を確保するため、EH500形と同じ2車体連結の8軸駆動(H級)と

され、これまでEF64形を重連としていた運用に単機で充当できる

愛称は一般公募により「ECO POWER ブルーサンダー」と命名され

時には鉄道ファンからは「ブルサン」ともよばれています


※2016年8月5日 9号機で全25両撮影することができました。

901号機(試作機)

2001年に東芝府中事業所で落成し、高崎機関区に新製配置された

オンライン,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,リクシル  フーゴ F H28柱 テラスタイプ 21-22·36型 マテリアルカラー ポリカーボネート一般タイプ 各種試験に供され、2002年10月より中央本線・篠ノ井線で営業運転を開始

正面窓にセンターピラー(中桟)があり、サイドピラーは幅広のものが設けられている

車体側面向かって右側に JRF ロゴが描かれ、愛称ロゴはない

側面のナンバー表示は各車体の中央寄りにある

パンタグラフはシングルアーム式の FPS-4 形で、関節部を車端側に向けて設置される